HOME>トピックス>展示に触って見て感じたことを建築時に役立てる

トータルでのイメージ

一軒家

例えば、アーバンスタイルの住宅展示場には、リゾートのようなカーテンや照明などもコーディネートされています。こうしたインテリア雑貨は、世田谷の提携店にて調達されており、カタログなども提供されていたり、価格を知ることが容易にできます。注目点は、建物価格だけでなく、こうした費用も予定できる住まいのコーディネートにもあるようです。

教育を意識する

男女

将来子供ができたら、そうしたライフプランをイメージしながら住宅展示場を巡るカップルや夫婦もいます。世田谷にはファミリー層も多く居住していて、子育ての意味も含め、子供部屋の間取りを見て回るようです。集中できる内装など、いわゆる勉強できる「教育」に注目が高まっています。

暮らしを考える

世田谷は、子育てに適したエリアですが、住宅展示場には沢山の遊び場(スペース)も用意されています。蔵があったり、ワイドな収納スペース、お風呂場などは子供の遊び場となり、暮らしを容易にイメージできるから、という理由で注目されています。

ローンも相談できる

世田谷での住宅展示場に赴くにしても、広くて新しい、豪華であるからといっても必ず自分や家族にとって「いい家」とは限りません。その後の暮らしをイメージできるのは「事前審査」です。住宅展示場では、ついつい「家を買うこと」が目的になります。大事な「借り入れ額」でなく「ムリなく返せる額」をライフスタイルに当てはめてくれる点で、ローン相談会開催中の展示場が注目されています。

広告募集中